【ディープパッチ】刺すヒアルロン酸の効果は、目元とおでこでお試しください

0回縛り 定期縛り無し

目元、おでこ、ほうれい線は、顔の中でも最もしわができる場所です。

『40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持ちなさい』

いきなり「自分の顔に責任を持ちなさい」といわれたらびっくりしますね。

「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持ちなさい」
これは、誰が言った言葉だと思いますか?

実はこれ、第16代アメリカ大統領、アブラハム・リンカーンが言った言葉だそうです。

人間の顔立ちには、もちろん遺伝というものが大きく作用します。でも成人してから20年もの歳月を経た40歳にもなれば、それまでの生きざまが全て顔にでてくる。もう人のせいにしてはいけませんよという事なんです。

若いころは、かわいくもないし、キレイでもない人が、年齢を重ねるにしたがって、いい味を出してくる女優さんもたくさんいますね。

エリーゼも、これからは、自信を持って、自分の顔と付き合っていきたいと思っています。

でも、そこには、最低限の努力は、必要だと思っています。

何もしない肌は、やっぱり荒れるし、年と共に、黒ずみや潤いがななくなり、それ相応の顔になってしまいます。

さらに、50歳になったとたんに、シワが深く、長くなった気がする人は多いと思います。特に低温・低湿で抗体力が低下しやすい冬はシワが加速しやすい危険な季節です。

50代のシワは、真皮と筋力のケアで跳ね返すことができます。
50代になってシワができるのは、真皮の構造が変化し、「土台」が弱くなるのが原因です。真皮の下にある脂肪や筋肉のボリュームが落ち、真皮、脂肪、筋肉の層にスレがでて、たるみからシワに繋がります。
乾燥で肌に柔軟性がなくなるのも気になります。

若いころは、笑った時にできる笑いジワも、すぐに回復する力がありますが、年齢を重ねるにしたがって、その力が弱まり、シワとして定着しやすくなります。

パーツ別にみると、目尻、眉間のシワは表情や乾燥、ほうれい線は加齢や紫外線によるたるみの影響が大です。

最近では、コロナ禍でシワに悩む人も増加しています。長時間パソコンを見て目元のシワが深くなったり、話す頻度が減って筋肉を使わず、ほうれい線が目立つようになります。

冬環境では肌はより固くなり衰えてゆるみ、シワが加速されます。

そこで、顔に潤いを与える「刺すヒアルロン酸」をご紹介したいのです。

ヒアルロン酸でできた針(マイクロニードル)を肌に刺す方法のきっかけ

マイクロニードルは当初、医療用として1980年代にアメリカで研究されていました。
注射の代わりに薬剤を塗った極小の金属針を押し付けて指すことで、肌に穴を開け、薬剤を投入するという発想が基になっています。

マイクロニードルの針の長さは、真皮より浅い角質層に美容成分を留めるように針の長さを調整されています。

マイクロニードルのも針も、肌に存在する成分で作れば、安全性も高いと考え水溶性のヒアルロン酸とコラーゲンにしています。

ヒアルロン酸とコラーゲンの針を乾燥させることで固さを出します。針は、肌の水分に触れて溶け出し、角質層に美容成分を浸透させます。

肌に貼った直後は、チクチクしますが5分~15分くらいで溶け始めどんどん浸透し始めます。

美容成分を角質層に送り届けながらバリア機能を強化し、内側から潤いで満たし、ふっくらとし弾力を肌にもたらします。

継続して使用することでターンオーバーが正常になりキメも整いシワの面積も低減します。

 

刺すヒアルロン酸パックは、目元とおでこでお試しください

それぞれに、ヒアルロン酸を与えることで、肌がふっくらとし、しわが軽減できます。

刺すヒアルロン酸は、肌の奥までラップ効果でまんべんなく成分が分散し、さらに角質層から成分を逃がさず、蒸発を防ぎます。

美容整形では、人気のあるヒアルロン酸注射ですが、美容整形外科へ行かなくても、「刺すヒアルロン酸パック」が自宅で簡単にできるので、徐々に人気が出てきています。

 

ヒアルロン酸が付いたパッチを気になる部分に張るだけで、数時間後には、ふっくらして、しわやほうれい線が薄くなります。

 

美容女子の間では、ヒアルロン酸注射のお手軽バージョンとして、とても人気のある「刺すヒアルロン酸」です。

しかし、注射で注入するヒアルロン酸と違って、その効果は、一時的なのです。

なので、日々繰り返しヒアルロン酸を補給してあげなければなりません。

 

毎日補給する必要はなく、「ここぞ!」というときに補給すれば十分だと思いいます。

 

ヒアルロン酸注射でも、効果の持続期間は、ヒアルロン酸の量や種類、注入の仕方にもよりますが、短いものであれば、3か月ほどで、なくなる場合もあります。(中には5年ほど継続するものもあります)

 

そうやって考えると、身近にヒアルロン酸を補給できる「刺すヒアルロン酸パック」はお値段的にも、お手軽さでもとても気軽に利用できる美容ツールですね。

 

私がおすすめするマイクロニードル(刺すヒアルロン酸パック)は北の達人コーポレーションから発売されているマイクロニードルなのです。

ヒアルロン酸マイクロニードルの火付け役といわれた会社で、今でも国内売上げがNo1なのです。

おでこ用と目元、ほうれい線用の2種類のパッチが販売されていて、それぞれ貼る場所によって、形状が違います。

有名なのは、目元・ほうれい線用の「ヒアロディープパッチ」です。

厳正な審査を行う国際的評価機関から評価され、3年連続モンドセレクションで金賞を受賞しています。

今4秒に1枚売れているそうです。
目元ほうれい線用のヒアルロン酸マイクロニードル(国内売り上げNo1)

「ヒアロディープパッチ」は、約1ヶ月分(8枚入り)、お試し定期コースを利用すると、3,980円(税別)で購入いただけます。

目元、ほうれい線用のヒアルロン酸はこちら

もうひとつおでこに貼るヒアルロン酸マイクロニードル

「オデコディープパッチ」は、約1ヶ月分(8枚入り)、お試し定期コースを利用すると、4,980円(税別)で購入いただけます。

おでこ用ヒアルロン酸はこちら

最初は、目元、ほうれい線用を購入し、肌の調子が良ければオデコ用のパッチを購入することをおすすめします。

どちらのコースもいつでも解約できます

マイクロニードルを実際に使うと、張り付け前と張り付けた翌日では、こんなに違います。

 

これだけのヒアルロン酸が、肌なの中に浸透していくのですね。

 

早速明日からヒアルロン酸ケアを始めてみませんか

 

目元、ほうれい線用のヒアルロン酸はこちら

おでこ用ヒアルロン酸はこちら

 

■眉間用のディープパッチもあります

眉間用ヒアルロン酸はこちら

乾燥しやすい冬季に潤い不足は小ジワやくすみなど肌のトラブルの引き金になります。エイジングを加速させないためにも保湿ケアが必須です。

肌の表面にたっぷりと水分を与えても、時間とともに蒸散し、またすぐに乾燥してしまいます。潤い成分は肌の奥までしっかりと浸透させて、留めることが大切です。

同時に肌の内側からのセラミドやコラーゲンの補充で、潤いをしっかりとキープすることができます。

■こちらも併せてお読みください。

 

 

ダイエットなら「レクレア」で決まり!!
レクレアは、初回300円で購入できます。
ダイエットをするなら「レクレア」です。
レクレアは初回300円!!
タイトルとURLをコピーしました