アメリカの商品を個人輸入したい方「OPAS]を利用してみては?

0回縛り 定期縛り無し

『OPAS』で個人輸入を簡単に始めることができます

アメリカの商品を個人輸入したいけど、どうやればよいのかわからない

多くの人は、個人輸入がしたくでもやり方がわからなくて、そのままにしていると思います。

OPASを使えば、簡単に個人輸入ができます。

早速、OPASについて説明します。

OPASとは、Overseas Personal Address Serviceの略。
1990年に設立し、以来日本でもすでに20,000人以上の方々に利用されています。アメリカのショップで、国外配送しない店舗からでも商品を購入できるのです。

なぜ商品を日本に送ってくれないアメリカのショップから、日本にいる自宅に、商品を送ってくれるのでしょうか

仕組みは、簡単に言えばこういうことです。

①アメリカのショップでネットで商品を購入

②ショップは、アメリカ内の転送業者まで商品を送ります(アメリカの住所です)

③アメリカの転送業者が日本のあなたの家に発送してっくれます。
OPASの役割は、この転送業者になります。

この転送業者OPASを使うことで、このようなメリットがあります。

①日本へ直送してくれないショップからでも個人輸入ができる。

②商品を直送してくれるアメリカのショップもありますが、価格が高かったり、運送業者を選べなかったりします。そんな時に転送業者(OPAS)を使うことで、基本的に費用を節約できることがあります。

③まとめてもしくは大量に送ることで、コストを下げることができます。

④日本でいう「消費税」がかかりません。

個人でセレクトショップなどを経営している人は、意外とこのOPASを使っている人がいます。

OPASの公式サイトへ

最近日本でもOPASは、普及活動を頑張っています。

OPASの歩み
1990 業界初のアメリカ国外に住む人々のための転送サービス、個人輸入代行、私書箱レンタルサービスを開始。
1993 お客様の声に答え、サプリメント、化粧品などの定期購入代行サービス開始。
2000 よりきめ細かいカスタマーサービス提供のため大阪支社を開設。
2007 個人輸入をより一層楽しんでいただくため、消費税のないオレゴン州ポートランドに本社移転。
2009 お荷物、郵便物をオンラインで管理できる便利なサービス開始。

■まずはOPASに会員登録をします。そうするとアメリカでのあなた専用の住所を手に入れることが

できます。

■アメリカで買い物した商品は、まずはその住所に送られていきます。

■アメリカの住所をゲットしたら、アメリカのオンラインショップで普通に買い物をし、入手したアメリカの住所をコピペすればよいだけです。

■オパスへ発送リクエスト(発送指示)!

■オパスから発送される!

■日本へ到着!税金を支払う!

OPASで梱包し、OPASが国際発送してくれます。

送料が知りたい方はOPUSの公式サイトで送料の見積もりができます。

OPASの公式サイトへ

最初は、試しにあまり高額ではないもの、例えばジーンズ1本とかを日本の自宅に送ってみてください。

それがちゃんと届くのを確認したのちに(ちゃんと届きますよ)、本格的に、個人輸入にチャレンジしてみてください。

そうすれば、安心感も出てくると思います。

数千円で、アメリカから商品が届くなんて、すごいですよ!!

OPASを自由に使いこなすことで、あなたもセレクトショップのオーナーもしくは、ネット通販で一儲けできるかもしれません。

OPASのことを知るだけで、ぐっと世界は広がります。

今なら登録無料で会員になることができます。

OPASの公式サイトへ

 

タイトルとURLをコピーしました