シミに特化したシミケアクリーム『kasumi.(カスミ)』最安値は公式サイト

3回継続縛り

まだ、シミの恐怖と戦っていますか?

鏡を見て嫌になることがありますか?

鏡は楽しくなるために見るものです。

自分が見て嫌いなものは、他人が見たらもっと嫌いになるはずです。

鏡というのは、見て楽しくなるものであるべきだと思います。

朝起きて、肌の調子を確認し、顔色も併せてチェックします。

こうやって自分の世界に入って、自画自賛できるのが鏡のいいところです。

 

年齢を重ねると、シミ、シワ、イボといったものがあらわれてきます。いってみれば老化現象です。誰にでも起こりうる自然なことです。鏡を見るのが嫌になってきます。

 

欠点ばかりを探すのであれば、鏡は、見ない方が良いですね。

それよりも鏡を見て、楽しくなるような肌のお手入れをしてみてはいかがですか。

 

シミひとつ、シワ1本に悩むのではなく、「肌のツヤ」ということをもっと気にしてみてください。

潤いがあって、血色がよくて、柔らかい肌で、肌の内側から出てくる「ツヤ」にこだわってお手入れしてみてください。

 

シミはポイント集中ケアです。

◆ハイドロキノンという成分を聞いたことがありますか?

ハイドロキノンは、美白成分です。

日本では、2002年に初めて認可された成分なんです。それ以来、次々に市販の化粧品にも配合され、気軽に購入できるようになりました。

ハイドロキノンは、メラニン色素の合成にかかわる酵素の活性を抑えて、メラニンの産生細胞そのものを減少させることで、シミを消すのです。

いわば肌の漂白剤のような役目を果たします。

その他のシミケア成分「ビタミンC」や「アルブチン」「コウジ酸」のなんと10倍~100倍ものシミケア成分(日焼けによりシミを防ぐ)があるといわれる注目の成分なのです。

ハイドロキノンは、成分としてはすごく強い成分なので、副作用として、「かぶれ」が出たりすることもあるので、注意が必要です。それでも効果は絶品です。

ハイドロキノンを使用しているときは、必ず日焼け止めを使用することも忘れてはなりません。ハイドロキノンは、紫外線に当たると、シミを薄くするどころか逆に濃くしてしまうのです。また長期的にハイドロキノンを使用することで、「白斑」が出やすくなったり、効果が出にくくなったりもします。

ハイドロキノンを長期間使用しても効果が出ないようであれば、使用を止めるべきです。

正しく使うことで、すごく効果が出るのがハイドロキノンです。

kasumi.(カスミ)で使用するハイドロキノンは、持続型ハイドロキノンです。

持続型ハイドロキノンとは、一度塗ると、1日中その効果を持続できるハイドロキノンだという事です。

1日に何度も塗る必要がなく、就寝前に塗っておいけば、しっかりと持続します。そのため酸化・光に強くしっかりと持続します。

使い方は、洗顔後、化粧水で肌を整えた後に、kasumi.(カスミ)を目の周り(Cゾーン)を中心に気になる箇所に、優しくなじませます。気になる部分は、重ね塗りケアをしてください

kasumi.(カスミ)は、柔らかなクリーム状でパール感があり顔全体に使う美容クリームではありません。

部分用美容液で気になるところにだけ使用します。
クリームは、キラキラしていて、ツヤと輝きが出て、見た目でも美白がわかります、
ぺとっと肌に密着するので、狙ってシミケアできるのがいいですね。

まだまだ発売されてばかりのkasumi.(カスミ)ですが、すでにインスタやツイッターなどでは、評価され始めています。

購入は、もちろん公式サイトがおすすめです。

3回の継続購入が必要となりますが、初回は1,980円で購入できます。

3回継続しても13,940円ととても親切価格です

私個人的な感想としては、1か月や2か月の使用では、効果は出ますが、白さが定着しませません。

継続回数もあるように、最低3か月は続けた方が良いと思います。

しかしその後は、ハイドロキノンをあまり長く使いすぎるもの怖いので、継続使用するのは、ちょっと考えるべきだと思っています。

効果が出る半面、リスクもあると思うので、使うタイミングと時期(使うなら紫外線の少ない冬をおすすめします)には気を付けた方が良いと思います。

 

kasumi.(カスミ)公式サイトはこちら

 

 

 

販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策教えます
販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策
販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策教えます
販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策
タイトルとURLをコピーしました