食べ物によって、よく眠れるもの眠れないものがあります

3回継続縛り

試してみて!! 不眠を治すにはこんな食べ物がよく効きます

復習です・・・寝る前に食べちゃダメなもの

お茶、コーヒー、コーラ、チョコにはカフェインが含まれているものは、食べたり飲んだりはダメですね。

スパイシーな食べものは体温を上げるため胸やけを引き起こし、余計に「眠れない夜」の原因にも。

アルコールは睡眠サイクルにとって最悪な飲み物です。ネガティブな影響を与えることも。

炭酸飲料も大量の砂糖で目が覚めるばかりではなく、眠りが浅くなります。

 

寝る前に食べていい食品

睡眠の質を高めるために欠かせないのは、3種類のアミノ酸です。

この3種類のアミノ酸をたくさん含んでいるものを食べると穏やかで深い眠りに誘われるでしょう。

第一のアミノ酸『トリプトファン』

このアミノ酸は睡眠のために、最も重要なアミノ酸です。
感情をゆったりとした気分にさせてくれ、体のリズムを整えてくれる働きに関係しているからです。

寝る前に寝付きやすい精神状態にしてくれ、眠りを深くしてくれます。

『トリプトファン』が多い食品・・・牛乳、バナナ、大豆製品、納豆、豆腐
第二重要なアミノ酸が『GABA』です。

興奮を抑えて、心身をリラックスさせてくれます。眠れない人に勧められる睡眠薬の多くは、このGABAの作用を脳内で高めるようなものが多いのです。

『GABA』が多い食べ物・・・カカオ、玄米、とまと、雑穀
第三に重要なアミノ酸は『グリシン』です。

グリシンには、体の温度(体の深部体温)を下げる効果があります。温度を下げることによって、心地よい眠りにつくことができます。また体のリズムを整える働きもあります。

『グリシン』が多い食べ物・・・エビ、ほたて、イカ、カニ、カジキマグロなどの魚介類

最も重要といったアミノ酸のトリプトファンは効果が出るまでに時間がかかるので、これを多く含む食品は、朝食として食べておくとよいでしょう

眠りの質が下がりやすいこの時期、翌日の身体のコンディションがより快適になるよう、小さな工夫を重ねていくのもおすすめです。

眠るのにも、様々な食べ物の組み合わせを考えるのも大変ですね。

サプリメントはイヤッ!何か別の方法で良い眠りを・・・というかたに

【SWITCH me ディープレストミスト】をおすすめします。

香りによる効果で、深く、じっくりと眠ることができるアロマミストです。

「SWITCH me ディープレストミスト」は不眠気味の方でもシュッとするだけでスッと眠れる天然の香り100%のアロマミストです。睡眠薬のように依存性もなく、睡眠サプリやドリンクに抵抗感がある方でも試しやすいので、サプリメント嫌いの方にはおすすめです!

「正直、香りなんて…て思っててゴメンなさい……」「ウソ!本当にこれで眠くなる」「正直、もうお守りみたいになってます」 など、喜びのお声が続々届いているそうです。

 

具体的には、こんな方にオススメ!

・布団にはいっても、眠るまでに30~1時間以上かかる。
・週に何回も眠れない日がある。
・眠りそのものが浅い。
・睡眠の質がよくないと感じる。
・眠れていないせいで、昼間に集中ができない
・専門クリニックに行くほどではない。専門クリニックにいくのがこわい。
・眠れず、ついお酒に頼ってしまう
・眠りたい時間まで、眠っていられない。

寝室でシュっとするだけで寝つきがよくなる天然の香り100%のアロマミスト「SWITCH me ディープレストミスト」。
続けやすいスプレータイプで、細かなアロマの準備は不要!アロマ特有のクセや青臭さはも、睡眠薬のような依存の心配も一切なし。
眠りにつきにくい方、はじめた方から実感。香り好感度、92%!

SWITCH me ディープレストミストの公式サイトはこちら

 

自分の眠りについて、データ的に詳しく知りたい方には、このような装置もあります。

健康的で良質な睡眠を得るためには睡眠時のあなたの状態を知る必要があります。

GO2SLEEPはシリコン素材の安全な指輪をはめて寝るだけで、あなたの睡眠時の質をモニタリングし、快適な睡眠への改善をサポートします。

また、睡眠時の呼吸障害を感知すると、振動を与え無意識に睡眠姿勢を変えるよう促し、呼吸障害の可能性は軽減させます。
また、専用アプリで家族や大事な人の睡眠データも一括管理することが可能です。

GO2SLEEPの公式サイトはこちら

 

その他深い眠りへお誘いするもの

 

■ライン使いできる化粧品はライスフォースのお試しセットがおすすめです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました