「高齢妊娠」って実際はどうなの?

0回縛り 定期縛り無し

「高齢妊娠」の定義って決まっているの?

最近よく、「高齢妊娠が増えてきた」なんて言われますが、実際に高齢妊娠て、どうなのでしょう。

ハッキリと定義が決まっているわけではありませんが、一般的には、高齢妊娠といえば、35歳以上の妊娠、出産を言うようです。

妊娠適齢期を過ぎての出産はリスクを伴うし、妊娠する確率もぐっと減ってくるのが、だいたい35歳以上なのです。

なぜ高齢になると妊娠しにくくなるのでしょう。

統計的に見ても、高齢で低確率の中で、妊娠できたとしても、リスクを伴います。また、高齢出産における妊産婦の死亡率は妊娠適齢期内の出産と比べ約10倍以上になるともいわれています。

高齢妊娠で無事に出産に至った家庭もたくさんあります。しかしそれまでの道のりには、かなり危険なリスクもあったという事を知っていてほしいのです。

ごく稀ですが、高齢出産をする人で、妊娠するまでに、妊活を一生懸命行い、ようやく妊娠し、無事に出産をしたとたんに、なんだか力が抜けたようになる人がいます。

こういう人は、妊娠、出産が大きな目的となっていて、それを達成することで、ひとつの大きな目的を達成したような気持になるのです。

でも大変なのは、ここからなのです。妊活は終わったかもしれませんが、これからは長い育児生活が始まります。産んだら終わりではありませんよ。

子供を育てるという事は、それだけ体力と気力が必要です。

それだけの精神力を持っていないと、とてもやってはいけません。そういう点からも、高齢妊娠をするには、覚悟が必要です。

高齢妊娠のリスク「流産」

流産の可能性は、誰にでもあります。概ね、10%~15%といわれています。

たとえ若いお母さんでも、流産の危険性はありますが、年齢を重ねれば重ねるほど、そのリスクは高まっていきます。

それは、数字にも現れています。
20代での流産は、10%弱ですが、年齢と共に上昇し、40代後半になるとなんと70%~80%にもなるのです。

40代ともなると卵子の老化もあり、なかなか妊娠しにくい環境にあります。
そんな環境の中で、ようやく妊娠できたとしても、今度は、流産のリスクがあるという事実は避けては通れません。

テレビなどで、40代の芸能人が次々に妊娠して出産しているのを見て、「私も妊娠、出産ができる」と簡単に思わないでくださいね。

誰でも妊娠、出産できる訳ではありません。

妊娠、出産したとしても婦人科系疾患の内科的合併症、妊娠高血圧症などの妊娠合併症や早産、先天異常児出生のリスクがあります。

先天異常児出生の検査はこちらの記事を参考に
妊娠したら新型出生前診断も考えてみて、費用を教えます

妊娠中の合併症として気を付けなければならないのが、「妊娠高血圧症」です。
妊娠中に高血圧がみられるか、蛋白尿のどちらかになった場合をさします。

妊娠高血圧症は切迫流産の原因や胎盤機能が低下し胎児の発育不全の原因にもなります。また重症化すると「子癇」といってけいれん発作を起こし、母体、胎児死亡の原因となることもあります。

この妊娠高血圧症の発症も35歳以上の高齢妊娠が非常に多く、20代と比較すると1.8倍にもなるといわれています。同じく妊娠糖尿病なども高齢妊娠にはリスクです。

先天異常児の出生数は、近年増加の一途をだどっておりこれも高齢出産によるものだと考えられます。

特に高齢妊娠で多いのが、染色体異常児(ダウン症など)です。卵子の加齢により頻度が高まってしまうためです。

ちなみにダウン症の確率は、25歳で1000分の1、40歳では100の1になります。これを見ても大きな違いがあります。

高齢妊娠には、たくさんのリスクがあります。子供が欲しいと思たっら、できるだけ早く行動してください。

それは、あなた自身のためでもあるし、生まれてくる赤ちゃんのためでもあるのです。

20代といえば、いろいろと忙しい時期ですね

思い起こせば、20代の頃は、仕事で朝早くから夜遅くまで働いていました。そのころは「ブラック企業」なんていう言葉もありませんでした。

休みの日もいろんな人と約束をして、あっちに行ったりこっちに行ったりと忙しい毎日です。そんな方もたくさんいるのではないでしょうか

あっという間の30代。

出産を真剣に考えるようになったのは、30代になってからという方もすくなくはないのではないでしょうか。

それもしょうがありませんね。

芸能界では、40代の有名歌手、有名女優が妊娠だの出産だのとニュースで報道されています。

それを見た私たちは、40代での出産は当たり前なんだと思ってしまします。

30代の女性にとって、そのニュースは、「私もまだ30代、まだまだ大丈夫」といったような変な意識を植え付けています。

間違ってはいませんが、正解でもありません。

40代でも出産はできると過信するのは、ちょっと危険です。

確かに昔に比べて、医学が進歩し、誰もが安全に高齢出産ができるとは限りません。

妊娠するにはタイムリミットがあることを知ってほしいのです。

この20年の間に、女性の社会進出は目覚ましいものがあります。今や「専業主婦」などと言う言葉は「死語では」、というくらいの女性の社会進出には目覚ましいものがあります。

社会の変化は、ここ20年くらいですさまじいものがありますが、人間の体は、そのスピードにと同様に進化しているとは、到底言えません。

人間の体は、そんな急には進化しません。

なぜ、若いうちに妊娠をした方がいいのかというと、「卵子の老化」があるからです。

卵子の老化について、少し誤解をしている人がいるようです。

卵子が新しいという事は、卵子が毎月新しく生まれてくるから新しいという訳ではありません。

女性の体の中には、生まれた時から一生分の卵子がもうできています。

これを「原子卵胞」と言います。原始卵胞を使い切った時が「閉経」という事になるのです。

50代になってもたくさんの卵子を持っている人もいれば、20代で無くなってしまう人もいて、卵胞の数は、人によって違います。芸能人が40代で、妊娠できたからと言って、あなたも40代で妊娠できるとは限らないのです。

もうひとつの問題は、「卵巣年齢」の問題にあります。

卵巣年齢については、次回にお話ししたいと思います。

妊活中の皆様に、幸せに一歩近づくことができるサプリメントをご紹介したいと思います

夫婦で一緒に飲む葉酸サプリメント

今日、ご紹介したいのは、産婦人科医・助産師がおすすめしたい妊活サプリNO1のサプリメントです。

いつものように、詳しくは公式サイトを見ていただければ良いのですが、この「ミト葉酸」では、ミトコンドリアで生成される、還元型コエンザイムQ10とαリポ酸を配合しているという事です。

ミトコンドリア・・・還元型コエンザイム・・・何のことかあまりよくわかりませんね。書いている私もよくわかっていません。

すみません・・・公式サイトをご覧ください。

ミト葉酸公式サイトははこちら

公式サイトを見て、気になったら購入してみてください。

このサイトでは、皆様が、安心して購入できるものを厳選してお知らせしていますので、体に悪いものは、おすすめしません。

安心して、公式サイトをご覧ください。

公式サイトを見たからと言って、ウィルスに感染したりは、しませんよ。(確認済みです)

タイトルとURLをコピーしました