【金の菊芋】血糖値を下げるイヌリンは、ゴボウの3倍!!

0回縛り 定期縛り無し

金の菊芋は、菊芋を使った日本で初めての機能性表示食品

金の菊芋は、菊芋を使った日本で初めての機能性表示食品
菊芋に含まれる、「イヌリン」には、食後の血糖値の上昇を抑える機能が報告されています。食後の血糖値が気になる方に適した食品です。

菊芋に含まれるイヌリンのパワーはすごく、イヌリンを12週間摂取したところ、食後120分までの血糖値上昇が抑えられました。

イヌリンは天然のインシュリンともいわれているんですよ。最近では美容や健康面から注目を集めている野菜のひとつです。

血糖値の上昇は、健康診断などで、指摘されることが多く自覚症状が出ないので、ついつい「ほったらかし」状態になりがちです。

気が付いたときにケアを始めなければ、後々大変なことになります。

まずは糖尿病が心配になります

糖尿病の初期症状としては、足や手のしびれ、ED(勃起不全)、皮膚の乾燥・かゆみ、頻尿・多尿・多汗、のどが渇く、これらの症状が出始めると、糖尿病は、すでにかなり進行している可能性もあります。

このような症状が出る前に、自分でできるケアをコツコツやっておくことが大切なのです。

そのケアのひとつとして「金の菊芋」をお試しください。
金の菊芋は、純度99%。菊芋だけを主成分としています。一般的なサプリメントは、本当に重要な成分は、少ししか入っていない場合もあるのですが、金の菊芋では、独自技術により、主成分である菊芋を99%も含ませることに成功した、超高純度のサプリメントなのです。

■ほかの菊芋サプリメントを選ぶ場合には、ぜひ主成分の純度を参考にお選びください。

お年寄りや女性にも飲みやすく、金の菊芋は粒の大きさにもこだわっています。毎日続けるものだからこそ、飲む負担を少しでも軽減したいと考えているからです。
菊芋だけで作られた自然のサプリは飲むことも、噛んで食べることもできるため、飲みづらさに悩まされることはありません。

ご購入は、公式サイトより定期購入になります。

菊芋ってご存じですか?

菊芋のすばらしさをいろいろとお伝えしてきましたが、「菊芋」ってご存じでしょうか?

日本では主に野生化したものが全国で見られるほか、各地で農家が栽培しているものが、農産物産直所(道の駅)などで販売されています。

特に長野県内では、いくつかの土地で菊芋の特産化がすすめられています。

菊芋は、キク科の植物のため、ジャガイモのようなイモ類と違いでんぷん(糖質)をほとんど含んでおらず、その代わりに水溶性食物繊維であるイヌリンを多く含んでいます。実は同じ、「イモ」という名前がついていても、でんぷん(糖質)主体となるジャガイモなどのイモ類とは、全くこたなる性質が特徴です。
金の菊芋サプリは、血糖値を下げるといいましたが、正確には、血糖値の上昇を抑える働きがあります。

早めに始めるほど、食後の血糖値の上昇は、早く抑えられます。
  • 40歳以上だ
  • 甘いものを控えている
  • 飲みの席では健康の話ばかり
  • 若々しくいたい
  • 食事を気にしている
  • 水分を多くとっている

ひとつでも思い当ったら、もうはじめ時なのかもしれません。へ

ご購入は、公式サイトより定期購入になります。

ご購入は、公式サイトより定期購入になります。

定期購入1回でも休止・中止ができます。
血糖値や菊芋についてのご質問は、こちらにお電話していただければ、親身になってお応えしてくれるそうです。

「イヌリン」は日本では、まだまだ知られていませんが、海外では、難消化デキストリンの代わりに多くのサプリメントに取り入れられています。


イヌリンは食物繊維としてはもちろん、多様な用途に使える食材なんです。
今はやりの、糖質オフや脂質オフ、カロリーオフといった健康増進のニーズは幅広い年代層で求められています。
整腸や血糖、コレステロールに対する効果を訴求できるイヌリンはこれからも活用の場が期待できます。

欧州では粉ミルクにかなりの割合でイヌリンが配合されています。

イヌリンは難消化性デキストリンに比べてはるかに多くのビフィズス菌を増やすという結果が出ています。これは、腸内にビフィズス菌を定着させる時期である1歳児未満の赤ちゃんには、特に重要なポイントであると言えます。

シニア世代に向けても、骨密度や認知症予防に対するイヌリンの可能性を、将来的に検証することができれば面白いですね。

ご購入は、公式サイトより定期購入になります。

タイトルとURLをコピーしました