プラセンタとハイドロキノンクリーム集中美白クリームでシミをケア!!

4回継続縛り

ハイドロキノンは、『肌の漂白剤』

紫外線対策さえしていれば、顔のシミは防ぐことができるのでしょうか。

どんなに紫外線対策をしていても、シミはできるものです。

顔にできてしまったシミは、どうしても目立ってしまいます、すぐにでもシミをとってしまいたいと思う人も多いと思います。

紫外線の影響を軽く見ていてはいけません。夏も終わり、これから秋、冬へと移り変わるので、「日焼け対策、紫外線対策もひと段落」と思ったら大間違いです。

9月10月は、5月の最も紫外線の強い時期とそれほど紫外線量は変わりません。

油断していたら紫外線を浴びてしまい、それがシミになる可能性があります。

顔にシミができた人の中には、若いころは、なんともなかった顔の肌に、年を取ってからシミの影響が出てきたという人も少なくありません。

できてしまった顔のシミを取り除くことはできるのでしょうか。

 

顔にできたシミをスキンケアで取り除くことができます。

スキンケアの中に美白成分が配合されているものを選ぶとよいと思います。

代表的な成分にハイドロキノンがあります。美白成分としては、人気の成分で、美白効果が高いのも人気の秘密です。

ハイドロキノンは、医療機関でも処方されていますが、最近では市販の化粧品にも配合されるようになりました。

ハイドロキノンとターンオーバーは密接な関係があります。

ハイドロキノンの効果を最大限に出すためには、シミのもとになっているメラニン色素を体外に出さなくてはなりません。

ハイドロキノンは、肌のターンオーバーを促進させる効果があります。

肌のターンオーバーが活発化することにより、新しい白い肌と交代することができるのです。

ターンオーバーを促進させるためには、睡眠をとることと、健康的な食生活を送ることです。

誰でもそんなことはわかっていると、思いますが、それをすることで、ハイドロキノンの効果を高め、美白に一歩一歩近づいていくことができるのです。

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われるほど強烈な美白剤です。

アメリカでは、20年以上も前から美白剤として、使用されていたのですが、日本では、2002年になってから認可された、わりと新しい成分です。

ハイドロキノンは、美白剤として効果のある反面、かぶれたり、紫外線に当たると、逆にシミを濃くしてしまうので、ハイドロキノンを使用している間は、日焼け止めを使用するようにした方が良いです。

顔全体の美白効果を期待するのであれば、化粧水で肌を整えた後に、顔全体に薄く塗りましょう。部分的なシミに使用する場合は、シミの部分だけに塗るようにしましょう。

ハイドロキノンは、超強力な美白効果がある反面、使い方を間違うと顔が赤くなったり、ただれたりすることもあります。
【ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも呼ばれています】

何度も言いますが、ハイドロキノンを使用した後の日焼けは、逆にシミを作ってしまうこともあるので、くれぐれも注意を。

徹底的な紫外線予防が必要になります。

このハイドロキノンですがプラセンタ化粧品との相性は、どうなのでしょう。

プラセンタは、メラニン色素を作り出すのを阻止する働きがあります。またプラセンタには、細胞を活性化させ、肌の細胞の新陳代謝を良くし、色素をなくす手助けをしてくれます。

このふたつの組み合わせの効果は非常に高くプラセンタで、シミができないようにし、ハイドロキノンでできてしまったシミを直接的に働きかけるのです。

プラセンタとの相性は抜群です。

美学効果だけでいえば、ハイドロキノンはプラセンタの数十倍の効果があるといわれています。

それだけ扱い方には、注意しなくてはいけないという事ですね。

プラセンタも美白以外にもたくさんの効果がありますので、こちらもぜひ併用する方がよいと思います。

ハイドロキノンとプラセンタを塗る順番は、どれが正しいの?

多くの人が、シミ取り、美白のためにハイドロキノンとプラセンタを活用していると思います。

使用する順番に決まりはありません。

人それぞれによって、意見が違うんです。

あえて、順番をあげるとすれば、次のような理由によります。

ハイドロキノンは酸化してしまうと刺激になるので、化粧水の後にハイドロキノンを塗り、その後プラセンタや乳液、オイル系を塗って酸化を防ぐといいと思います。

おすすめのハイドロキノンの商品はこちらです。

今なら初回999円で始められます【ハイドロキノン集中ケアクリーム】


ハイドロキノン3%配合!
美容コスメの先進国スイスで生まれた
「ハイドロキノン集中ケアクリーム」

お得な集中ケアコースで、なんと
定期初回80%OFFの999円で始められます!

国内の化粧品が超えられなかった2%の壁を打ち破り贅沢に配合された3%のハイドロキノンだから世界中で支持されています。

今なら初回999円で始められます【ハイドロキノン集中ケアクリーム】

【補足説明】

肌の色を決めるのには、3つの要素があります。

私って地グロなのという人もいれば、色白だという人もいます。

肌の色は、もともとどこで決定されているのでしょうか。

 

ちょっと肌の色のことについて調べてみました。

■肌の色の決め手となる要素には、まず皮下脂肪の色にあります。

皮下脂肪が増えて困る・・とか、皮下脂肪が厚いから寒くないよね・・などといわれる皮下脂肪のことです。

この皮下脂肪は、肌の下にある脂肪のことで、もともとは、やや黄色っぽい色をしています。

人間の肌の色は、もともとは少し黄色っぽい色なのです、白人の肌の色も、真っ白かと思えば、少し黄味がかかっています。

これは皮膚の下にある脂肪の色がそのまま反映されているためなのです。また皮膚に含まれているカロテン色素もやや黄色おびています。

 

■もうひとつ肌の色の決め手となるのが血液の色にあります。

私たちの肌は、上から、表皮・真皮・皮下組織の3層からできています。そのうち真皮の表・裏の両面には毛細血管が張り巡らされていて、そこを血液が流れています。その色が肌の色として見えるのです。

特に男性に比べて女性の顔の皮膚はとても薄く、下を流れる血管が透けて見えるほどなので、血液成分による影響は大きいといえます。

 

■そして、肌の色の決め手となる最後の要素が、メラニン細胞です。

メラニン細胞は、表皮と真皮の間にあり、メラニン色素を作っています。

このメラニン色素の量によっても、皮膚の色は決まります。

■色白の人
皮下脂肪は白っぽ黄色
血液は多くてサラサラ
メラニンは少ない

■色黒の人
皮下脂肪は黒っぽい黄色
血液の流れは少なく黒い
メラニンは多い

以上3つの要素で、最も肌の色を決めるのに深く関与しているのは、メラニン細胞です。

メラニン細胞は、体全体の中で顔に多く分布しています。メラニン細胞は紫外線を浴びると、活性化されてメラニン色素を出し、皮膚の色を黒っぽくします。

紫外線を浴びるとメラニン細胞は、紫外線から肌を守るために、これ以上深く紫外線を肌の奥に通さないようにするために、黒くなりブロックします。

 

真皮の上に黒いメラニン色素を大量に並べることで、有害な紫外線が肌の奥まで侵入するのを防いでいるのです。

メラニン細胞も長時間ダイレクトに紫外線に浴び続けると、細胞の遺伝子にキズが付き、その結果ガン細胞が生まれることもあります。

 

ごく一部の細胞は、ひたすらメラニン色素を作り続けるようになります。これがシミやそばかすになるのです。より広い範囲の細胞に傷がすいている状態がシミ、それより小さい範囲にとどまっているのがそばかすです。

 

◆プラセンタは体の内側から補給してあげましょう

 

 

 

 

【補足説明】ハイドロキノンを使用するにあたってのご注意

ハイドロキノンの特性上、熱や光、空気に敏感であるために変色する場合があります。蓋をしっか閉め、冷蔵庫で保管すると良いです。

一か月で使い切る方がいいでしょう。

ハイドロキノンが肌に合わない方もいらっしゃいます。肌がピリピリしたり、赤くはれた時は、すぐに医師にご相談ください。

妊娠中や授乳中の方、アレルギーのある方やお子様は、ご使用を避けた方がよいです。また傷やかぶれ、湿疹のある方はご使用いただけません。

今なら初回999円で始められます【ハイドロキノン集中ケアクリーム】

 

ダイエットなら「レクレア」で決まり!!
レクレアは、初回300円で購入できます。
ダイエットをするなら「レクレア」です。
レクレアは初回300円!!
タイトルとURLをコピーしました