美白剤 ハイドロキノンクリームとプラセンタの関係

4回継続縛り

ハイドロキノンは、肌の漂白剤

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われるほど強烈な美白剤です。

アメリカでは、20年以上も前から美白剤として、使用されていたのですが、日本では、2002年になってから認可された、わりと新しい成分です。

ハイドロキノンは、美白剤として効果のある反面、かぶれたり、紫外線に当たると、逆にシミを濃くしてしまうので、ハイドロキノンを使用している間は、日焼け止めを使用するようにした方が良いです。

顔全体の美白効果を期待するのであれば、化粧水で肌を整えた後に、顔全体に薄く塗りましょう。部分的なシミに使用する場合は、シミの部分だけに塗るようにしましょう。

ハイドロキノンは、超強力な美白効果がある反面、使い方を間違うと顔が赤くなったり、ただれたりすることもあります。
【ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも呼ばれています】

何度も言いますが、ハイドロキノンを使用した後の日焼けは、逆にシミを作ってしまうこともあるので、くれぐれも注意を。

徹底的な紫外線予防が必要になります。

このハイドロキノンですがプラセンタ化粧品との相性は、どうなのでしょう。

プラセンタは、メラニン色素を作り出すのを阻止する働きがあります。またプラセンタには、細胞を活性化させ、肌の細胞の新陳代謝を良くし、色素をなくす手助けをしてくれます。

このふたつの組み合わせの効果は非常に高くプラセンタで、シミができないようにし、ハイドロキノンでできてしまったシミを直接的に働きかけるのです。

プラセンタとの相性は抜群です。

美学効果だけでいえば、ハイドロキノンはプラセンタの数十倍の効果があるといわれています。

それだけ扱い方には、注意しなくてはいけないという事ですね。

プラセンタも美白以外にもたくさんの効果がありますので、こちらもぜひ併用する方がよいと思います。

ハイドロキノンとプラセンタを塗る順番は、どれが正しいの?

多くの人が、シミ取り、美白のためにハイドロキノンとプラセンタを活用していると思います。

使用する順番に決まりはありません。

人それぞれによって、意見が違うんです。

あえて、順番をあげるとすれば、次のような理由によります。

ハイドロキノンは酸化してしまうと刺激になるので、化粧水の後にハイドロキノンを塗り、その後プラセンタや乳液、オイル系を塗って酸化を防ぐといいと思います。

おすすめのハイドロキノンの商品はこちらです。

今なら初回999円で始められます【ハイドロキノン集中ケアクリーム】


ハイドロキノン3%配合!
美容コスメの先進国スイスで生まれた
「ハイドロキノン集中ケアクリーム」

お得な集中ケアコースで、なんと
定期初回80%OFFの999円で始められます!

国内の化粧品が超えられなかった2%の壁を打ち破り贅沢に配合された3%のハイドロキノンだから世界中で支持されています。

今なら初回999円で始められます【ハイドロキノン集中ケアクリーム】

おすすめのプラセンタの商品はこちらです。

合わせてご使用ください!

~年齢とともに出てくる肌のサインに~

◆年齢に合わせた肌ケア商品誕生◆
次世代成分の美容液!!

【補足説明】ハイドロキノンを使用するにあたってのご注意

ハイドロキノンの特性上、熱や光、空気に敏感であるために変色する場合があります。蓋をしっか閉め、冷蔵庫で保管すると良いです。

一か月で使い切る方がいいでしょう。

ハイドロキノンが肌に合わない方もいらっしゃいます。肌がピリピリしたり、赤くはれた時は、すぐに医師にご相談ください。

妊娠中や授乳中の方、アレルギーのある方やお子様は、ご使用を避けた方がよいです。また傷やかぶれ、湿疹のある方はご使用いただけません。

今なら初回999円で始められます【ハイドロキノン集中ケアクリーム】

 

タイトルとURLをコピーしました