【癒し空間】1人暮らしでも暮らしに花のある生活をBloomee LIFE

0回縛り 定期縛り無し

田舎から都会へ出てきて、すごく悲しかったこと

私が田舎の学校を出て、都会で就職することになり、一番悲しかったこと・・・・

 

それは自然を近くに感じることができなったことなのです。

 

親や兄弟と離れて暮らすようになり、少しホームシックにもなりかけました。

 

そんな時、家の外では、車の通る音はもちろん自転車のブレーキの音や救急車やパトカーのサイレン、時には犬の鳴き声など、少しも静かな時間は、ありませんでした。

 

 

私が、就職する前に住んでいたところは、標高が800mほどの高原で、夏は涼しく避暑地として人気の場所でした。(冬は氷点下でとても寒いのですが)

 

朝起きると鳥の鳴き声が、うるさいくらいに聞こえ、12時と17時には、近所の防災用のスピーカーから、童謡が流れます。

 

春になると山菜やタケノコ、春にしか咲かない小さな花が一斉に咲き始めます。

 

夏になると、木々が緑色に変わり、周囲の山々も緑が濃く夕方にはヒグラシが鳴き始めます。

 

秋になると、紅葉がとてもきれいになり、虫の鳴き声も一段と良く聞こえるようになります。

 

冬は、みんなでじっとしています。外の音もほとんどしません。し~んとしています。

 

そんな季節感たっぷりの田舎から、急にコンクリートジャングルに出てきたわけですから、やっぱり戸惑ってしまいます。

 

毎朝の鳥の鳴き声や、夜の星空、そして静けさなども懐かしく思えてくるのです。

 

そこで、このさみしさを何とかしなくては、という思いと、仕事から帰ってきてふと一人になった時に少し「癒されたいな」という気分から、家に花でも飾ると気分でも変わるのではないかと思い、近くのスーパーでちょっとした花を買ってきました。

 

植木鉢で育ててもよかったのですが、それでは、1年持たずにして、枯らしてしまうかもしれないので、切り花を購入することにしました。

 

毎朝、テーブルの上の花を見るたびに癒されるし、家に帰ってきてからもテーブルの上の花を見るだけで、心のどこかが癒されます。

 

花にはこんなに癒し効果があったのかと改めて実感した瞬間でした。

 

しかし、数日すると花はしおれて枯れてしまいます。

 

そのたびに、新しい花を購入してくるのですが、購入するタイミングが、なかなか難しく、花をきらしてしまうこともたびたびありました。

 

なんだか花を購入すること自体、面倒になり、しばらく「花なし生活」を送ることに。

 

その時は、自分の気持ちもどこか沈んでいることにだんだんと自覚してくるのです。

 

朝起きた時と、家に帰った時に花があるかないかで、こうも気分が変わるものかと・・・・

 

そこで、ネットでいろいろと調べてみると、こちらサイトに出会いました。


お花の定期便【Bloomee LIFE】

日本初の、ポストに届くお花の定期便サービスです。 全国100店舗以上のプロのお花屋さんが 週替わりで季節のお花を選んでお届け!そのまま飾るだけで簡単にお楽しみいただけます。

 

定期でお花を届けてくれます。
価格もそれほど高いものではな無かったので、すぐに注文させていただきまし

 


今までの切り花より長持ちしてくれます。

買いに行く手間も省けますし、買い忘れることもないので、今ではとても気に入って活用させていただいています。

 

今では、都会になれてきたせいか、寂しくはありません。

 

でも仕事で疲れた時に見る「花」は、やっぱり私の気持ちを癒してくれます。

 

公式サイトはこちら

 

 

バストアップなら【Bom2 Boron】ボンボンボロン
大きくなりたいならこちら
タイトルとURLをコピーしました