血糖値が上がってきたらまずは菊芋(イヌリン含有)で効果を期待したい

0回縛り 定期縛り無し

若い人にも増えているのが糖尿病です

 

健康診断で、「血糖値が少し高いですね」といわれた人も多いと思います。

血糖値が高くなることで、糖尿病予備軍となります。これは40歳以降の人たちばかりではなく、今では20代の若者にも、血糖値の上昇がみられます。

血糖値の上昇は、一概に食生活の乱れとはいいがたく、遺伝に関する場合もあるようです。

遺伝によって糖尿病のリスクがある人には、若いころから、「前田の菊芋」を飲んでほしいのです。

このサプリメント「前田の菊芋」は、歳をとった人のためだけのサプリメントではありません。

少しでも糖の数値を抑えたいという方に、年齢、性別に関係なく飲んでほしいサプリメントなのです。

糖尿病では、初期段階ではほとんど自覚症状がないために、気が付いたときには、かなり病気が進行している事が多いのです。糖尿病になると、様々な代謝異常が起きて、血管や内臓、骨や歯、失明にまでなってしまう大変怖い病気なのです。

コロナウィルスに感染して亡くなる人の多くも、糖尿病を患ている人が多いのも事実です。

それほど怖いのが糖尿病なのです。

 

前田の菊芋を飲み続けるとどのようなメリットがあるのでしょう。

前田の菊芋には、イヌリンという成分が含まれています。このイヌリンという成分は、糖分や脂肪分の吸収を抑えてくれる働きがあります。

今すでに、病院から糖に関する薬を処方していただいている方でも、安心して前田の菊芋を飲むことができます。それは、前田の菊芋は、薬ではなく食品だからです。
菊芋の成分を粉末や粒に加工しただけで、いわゆる「野菜」を食べているの同じことなのです。なので、お薬と一緒に飲んでも全く問題はありません。おそらく先生からも、お野菜などをたくさんと食べるように言われていると思います。菊芋は、根菜類なので、薬と一緒に飲んでいる人もたくさんいます。

薬以外にも、サプリメントを飲んでいる人も同様に、前田の菊芋を一緒に飲んでもらっても構いません。副作用の心配もありません。

ただひとつだけ注意してほしいことは、「酢」と一緒に飲むことで、菊芋の成分の働きが薄れてしまう可能性があります。

食前に「酢」を飲んでいる人は、酢を飲んでから2時間ほど時間を開けてから、前田の菊芋を飲んでください。

 

飲むタイミングは、食前がいいと思います。飲み忘れたとしても、食事の途中や食後に飲んでもらっても全く問題はありません。大事なことは、忘れずに毎日飲むことで、良い結果が出るという事です。

飲みやすいように粒タイプのほかに粉タイプも用意されています。粉タイプは、水に溶けやすいので、先に顆粒をお口に入れてからお水で流し込む方が飲みやすいようです。それでも飲みにくい場合は、お味噌汁や料理に混ぜてもらっても問題ありません。粒タイプは、お水と一緒に飲むタイプです。



1日に飲んでもらう量は決まっていません。1日に1包や2包だと効果がない訳ではありません。予算に合わせて、少ない量でも良いので、継続して飲むことが効果を出すための近道なのです。

粉と粒のどちらにしようか迷っている人へ、参考のためにお知らせして置きますが、粉(顆粒)1包に対して、10粒前後でだいたい同じ成分量です。

前田の菊芋の結果は、大阪大学の臨床試験によると、3か月継続することで、非常に良い結果が出ています。個人差はありますが、1ヶ月で数値が下がった人もいれば、6か月くらい継続してようやく結果が出てきた人もいます。

購入は公式サイトが用意されていますので、そちらから購入するのが、安心で安全です。

前田の菊芋公式サイトはこちら

購入は、定期購入になりますが、いつでもお休みできますし、停止することもできます。

もし停止する場合は、お届け日の1週間前までにフリーダイヤルにお電話すれば大丈夫です。

■フリーダイヤル
0120-138-505(9時から18時 年中無休)
販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策教えます
販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策
販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策教えます
販売士が年代別にスキンケアを代えなければならない理由と対策
タイトルとURLをコピーしました